PLUS ONE MORE  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
MIX論
今回はリクエストにお答えして、MIXについて。
下手くそなりですが、ちょっと考えてること。
話が多少専門的になりそうですね。つまんねーぞという苦情があればどーぞw
なるべく噛み砕いて書くつもりではあります~

さてさて、近年のポピュラーミュージックの音の傾向として、"真ん中のローをとにかく強烈に"というのがありますが、私の場合はそれよりも、上から下まで埋め尽くすような、音が飽和してる感じのアレンジ・ミックスの方が好みなんです。
ま、だったとしても、今の私の曲では音圧不足気味ですが・・・。

素人が破綻なくMIXでローを出すのは実はすごく難しいんです。
特に私みたいにベースが打ち込みではなく生録の場合、
下手にこいつを持ち上げると曲全体がすっごいモワモワした感じになります。
このへんを上手に処理しきる技術はまだまだ私にはないです。
もっとタイトで芯のあるローを作りたいのですが、ちっともうまくいかないっす。

いい加減、機材を揃えてみたらちょっとはマシになるのかなぁ・・・?
このへんまったくの不明。

あと、自分で何曲か作ってみて気づいたこと。
MIX・マスタリング系の話をするとすぐ、EQで帯域整理、コンプで圧縮して音圧を稼ぐという話になりがちですが、実はそれより前、曲の構想段階において、どの楽器のどんな音づかいで空間を埋めていくかという組み立てが非常に重要です。
EQ・コンプでの調整はこれがきちんと出来てる前提での話ですね~

私の場合、この構想を練る作業に結構時間をかけますので、
使う音を決めながら同時にラフMIXも行っていきます。
この音を使おう!と決めた時点である程度その音色は作り込みます。
(後で捨てることも多々あるんですが・・・。)
で、音の選出・配置が終わったら、全体の印象として足りない部分を持ち上げて、邪魔な部分を削っていく調整をちまちまと。
ですので、音作りの順番というのは決まってないですね~。

ふむ、思ってることを簡単にまとめてみたら案外そこそこの文量になってしまった。
まっちさん、こんな感じでよろしいでしょうか~?
リクエストどうもありがとうございま~す。
その他要望・質問・苦情のある方も随時受け付けております~。
スポンサーサイト
2009'12'20(Sun)20:35 [ 雑記 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


なるほど!
録りの段階からこだわらないとダメってことなんですね!ありがとうございます!

前に出すぎず、存在感のある低音づくりってけっこー難しそうですねー・・・
2010/01/05 14:39  | URL | まっち #mQop/nM. [edit]


>録りの段階からこだわらないとダメ
その通り!録り音は非常に大事です。
私もいまだに、その段階からすでに上手くいきません。

音は自分の近所の周波数帯域と、それより上をよく妨害する性質があるので、
低音は特に扱いづらくなります。
2010/01/08 23:12  | URL | 京極抹茶 #iaS04zVw [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://omaccha178.blog41.fc2.com/tb.php/45-960f30f0
trackback



     
  1. 無料アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。