PLUS ONE MORE  
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
いつか僕がいた場所へ
今回はお待ちかね、かどうかは知らんけど、私の作品の中では一番人気っぽい、
「いつか僕がいた場所へ」について書いてみます。

とりあえず、制作段階について思い出せることは、とにかく難産だったこと。
特にメロディー部分はもう本当に苦労しました。
どうしても気にいったものが出来なくて、うんうん悩みながら作ってみては、
次の日にはまたイチからやり直しという作業の繰り返し。

そんなことをやってるうちに、だんだん作品がどうしようもないものに思えてきて、
これならまあ合格点ぎりぎりかなぁと思えるものが出来た時点でとりあえず
完成にまでは漕ぎつくことにしたのですが・・・。

その後、一応は完成したってことで動画の編集作業へ。
このときはしばらくボカロ曲を聴いてなかったので、動画のエンコードの待ち時間に、
久々に新しいの聴いてみようとランキングに上がってた曲をチェックしてみたのですが、
そのとき聴いたのが、もはや説明不要の「shiningray」とジミーサムPさんの「Scene」。

正直、めちゃくちゃ凹みました・・・。
仕事のレベルのあまりの違いに愕然として、自分がなんだかすごく情けなくなって、
エンコ中止してもう1度全部最初から作り直そうかって、本気で悩んだのを覚えてます。

でも結局、次また頑張ろうって、そのままアップすることにした「いつか僕がいた場所へ」

そんな紆余曲折が自分の中であったのですが、その後の展開はまあこの通りでして、
ビックリやら嬉しいやら、なんかもうよくわからん状態だったなぁ~。
初めて週刊ボカランにまで入ってしまって、その動画を見てるとなんだか、
紳士淑女の社交会にTシャツ・サンダルで乗り込んだようでいたたまれない感じです。

落ちついて聴き直すと、ミックスを除き、曲としてはそんな悪くないかなって思います。
今となっては自分の曲の中でも結構気に入ってる方かも。

あとは聴いての通り、この作品から特に、ミクさんのお声をウリウリやり始めてみました。
間奏での両サイドの高音と、あいやえ~とか言ってる謎の言語も全部ミクさんですよ~。
スポンサーサイト
2009'07'17(Fri)01:14 [ 自作曲 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


僕の中でだと、
164さんやジミーサムPとお抹茶Pは、肩並べてます。
皆好きですw

お抹茶Pの作る音、雰囲気、京極抹茶っていう名前、大好きです。
応援してます。
2009/07/18 00:59  | URL | 壮一 #mQop/nM. [edit]


>壮一さん
ども、はじめまして!
肩を並べてると言って頂けるのはすごく嬉しく、またすごく恐ろしいw

自分の曲作るときは、ああいった方たちに、
動画上の数字でじゃなくて、根本的な作品創作能力の意味で
少しでも近づけていけたらな~と思いながらいつも苦労しております。
2009/07/22 20:28  | URL | 京極抹茶 #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://omaccha178.blog41.fc2.com/tb.php/32-a2284de3
trackback



     
  1. 無料アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。