PLUS ONE MORE  
06≪ 2009| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
太陽をつかんでしまった男
記事タイトルを見て何のことか、わかる人にはすぐにわかるかと思いますが、
亡くなってしまいましたね、ミッシェルのアベさん。

よくあるアンケ企画で「復活してほしいバンドは?」ってのがありますが、
私の場合邦バンドで挙げるなら、いくつかあるけど一番はミッシェルかなぁと思ってました。

この人たちは典型的な、音源聴くよりライブみてなんぼのタイプですが、
今回の訃報で、万に一つの復活ライブの可能性も消えてしまった・・・(´;ω;`)

アベさんは技術はもちろん、何よりもギタープレイに確固たる“個性”をもっている点で、
非常に素晴らしいギタリストだと思っていただけにすごく残念・・・
ご冥福をお祈りしております。

と、そういや前にミッシェル風を意識して作ってた曲があったことを思い出しました。
パワフルなカッティングで攻めるすごく荒々しくて泥臭い曲。
ギターがへたくそでちっともカッコ良くならんかったのでボツりましたけどw

そんな曲もそのうちちゃんと作りたいなぁ・・・。
まあ間違いなくボカロ曲としてのウケは悪そうなんですけどねw

その他いろいろ、試したい曲アイデアはいっぱいあるんですが、
どうにも時間と技術とセンスと機材が足りない・・・!

特に今、オフラインでどうしてもやらなきゃいけないことがありまして、
8月終盤まで手が離せそうになくて、新曲ができるのはもうしばらく先になると思います。

先に謝っておきますと、8月といえばとある誕生日イベントもありますが、
私はどう考えてもスルーです。ごめんねミクちゃん。(´・ω・`)
スポンサーサイト
2009'07'29(Wed)01:30 [ 雑記 ] CM0. TB0 . TOP ▲
いつか僕がいた場所へ
今回はお待ちかね、かどうかは知らんけど、私の作品の中では一番人気っぽい、
「いつか僕がいた場所へ」について書いてみます。

とりあえず、制作段階について思い出せることは、とにかく難産だったこと。
特にメロディー部分はもう本当に苦労しました。
どうしても気にいったものが出来なくて、うんうん悩みながら作ってみては、
次の日にはまたイチからやり直しという作業の繰り返し。

そんなことをやってるうちに、だんだん作品がどうしようもないものに思えてきて、
これならまあ合格点ぎりぎりかなぁと思えるものが出来た時点でとりあえず
完成にまでは漕ぎつくことにしたのですが・・・。

その後、一応は完成したってことで動画の編集作業へ。
このときはしばらくボカロ曲を聴いてなかったので、動画のエンコードの待ち時間に、
久々に新しいの聴いてみようとランキングに上がってた曲をチェックしてみたのですが、
そのとき聴いたのが、もはや説明不要の「shiningray」とジミーサムPさんの「Scene」。

正直、めちゃくちゃ凹みました・・・。
仕事のレベルのあまりの違いに愕然として、自分がなんだかすごく情けなくなって、
エンコ中止してもう1度全部最初から作り直そうかって、本気で悩んだのを覚えてます。

でも結局、次また頑張ろうって、そのままアップすることにした「いつか僕がいた場所へ」

そんな紆余曲折が自分の中であったのですが、その後の展開はまあこの通りでして、
ビックリやら嬉しいやら、なんかもうよくわからん状態だったなぁ~。
初めて週刊ボカランにまで入ってしまって、その動画を見てるとなんだか、
紳士淑女の社交会にTシャツ・サンダルで乗り込んだようでいたたまれない感じです。

落ちついて聴き直すと、ミックスを除き、曲としてはそんな悪くないかなって思います。
今となっては自分の曲の中でも結構気に入ってる方かも。

あとは聴いての通り、この作品から特に、ミクさんのお声をウリウリやり始めてみました。
間奏での両サイドの高音と、あいやえ~とか言ってる謎の言語も全部ミクさんですよ~。
2009'07'17(Fri)01:14 [ 自作曲 ] CM2. TB0 . TOP ▲
Stratocaster
本日ご紹介いたしますのは、以前のレスポールに続きまして、
私の相方その2、SELDERってブランドのストラトキャスターモデルです。
ストラト1

いわゆる入門用ギターってやつです。
楽器屋さんに行くと、これに簡単なチューナーやミニアンプ、ストラップやらの小物が
色々と付いててトータル1万円のセットといった感じで売ってると思います。
悪い言い方をしてしまえば、安ギターです。

安いギターは駄目だという意見をよく聞きますが、私は“使い方次第”だと思います。
特に私の場合は、メインのレスポールと音のキャラが正反対なので非常に重宝してます。
そしてやっぱり、最終的には楽器は奏者の腕次第。

まあ、不満点がないと言えば大嘘になるのですがw
出音に関しては値段相応ということで言うことはないのですが、なんにせよ作りが粗い。
センターピックアップの1弦側が陥没してて直りません。
オクターブチューニング、ネックの調整に苦労しました。
アームも試しました。チューニングの狂い方がハンパじゃないです。
最近フロントピックアップの配線も怪しいです。しっかりしてください。

・・・本当に重宝してますよ?

このギターは自分で買ったわけじゃなくて、身内の先輩のお古を頂きました。
焦げ茶色のカラーリングになってますが、実は元々はヴィヴィッドなオレンジ色。
先輩には申しわけないですが、自他共に、ダサいの意見で満場一致でしたのでw、
自分でスプレー買ってきて塗りかえてしまいました。

なんだかんだありつつも、やっぱり随分お世話になってるギター。
まだまだ今後ともよろしくお願いします。
2009'07'05(Sun)23:20 [ 機材 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


  1. 無料アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。